続続:骨盤の歪みの自己診断方法★の巻


こんにちは美香ですひらめき(*´∀`*)

応援お願いします⇒ブログランキングかわいい

では今回は骨盤矯正をするにあたって、なぜ脚の外転・内転を調べなくてはいけないかをお話します手(チョキ)

そのためには何故骨盤が歪んでしまうかを理解しなければいけませんグッド(上向き矢印)骨盤が歪む原因としては、まずなんらかの原因で脚が外転・内転する事から始まります。なんらかの原因というのは様々あります。

たとえば胡坐をかいてしまう、脚を組んで座ってしまう、ストレッチやヨガ等で強引に股関節を開いてしまう、野球やゴルフ等体の片方に偏った動きを続けてしまう、つまづきそうになった時に踏ん張ってしまって股関節を痛める…等々様々な原因があるようですがく〜(落胆した顔)

ここでは仮に左足が外転してしまったとします。そうすると、本来大腿骨(モモの骨)は正面を向いて骨盤にしっかりとはまっているのですが、これが外転することによって股関節が亜脱臼と同じような状態になり、大腿骨が下に落ちてしまいます。そうすると、今回の場合で話すと左足が右足より長くなってしまうんですあせあせ(飛び散る汗)

左足が右足より長くなるとどうなるかというと…地面は水平ですので当然立った時に左の骨盤が持ち上げられる形となります。この時に骨盤がずれてしまいますパンチ

更に、左の脚から骨盤にかけてが右のそれより高い位置になってしまっているので、体は右に傾いてしまいます。その後、時間をかけて右に傾いた体のバランスを取るために背骨が左に湾曲していきますダッシュ(走り出すさま)

形としては、様々なパターンがあるし、診断しないと一概には言えないらしいのですが日本人に一番多いパターンとしては左足が外転し(※左右の脚とも外転しているが左足の外転がひどい)背骨が左に湾曲し右肩が上がってしまっている状態のようですひらめき

つまりこのお話で分かるように…骨盤矯正をするには脚の状態からみていかなければならないんですexclamation×2

骨盤矯正と言っても奥が深いんですねーいい気分(温泉)

ブログランキングに参加しています!次回も美香のブログを読みたいと思ったらポチッと押して応援してもらえると嬉しいですひらめき
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

BLOGランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。